ブラジル代表、ロシアW杯に向けた2018アウェイユニフォームを発表!

ナイキとCBF(ブラジルサッカー連盟)は21日、ブラジル代表がロシア・ワールドカップで着用する新ブラジル代表 ユニフォーム アウェイを発表した。

今日は、彼らの2018 ブラジル代表 ユニフォーム アウェイのデザイン詳細、発売などを簡単に紹介します。

ブラジル代表をお好きな方は是非ご覧ください~

本大会では、スイス、コスタリカ、セルビアというEグループを戦う。

アウェイはもちろん青基調。

目に引くのは、新たなアウェイ ユニフォームのフロントは”大きな星”のグラフィックをバランス良く入り。

星型のグラフィックというデザインはサッカーブラジル代表の2つの歴史を表現した。ブラジル代表は1958年スウェーデン・ワールドカップで史上初の青いサッカーユニフォームを着用されたし、1958スウェーデン大会以降、ブラジルが初優勝を記念する。

Nikeの最新技術を駆使したハイスペックなアイテム。デザインは2018年のNikeテンプレート「ヴェイパーニット」(Vaporknit)がベースになっている。

エンブレムの素材は以前の物よりも64%軽量となり、シャツは空気流量の増加により通気性が向上している。

胸・背番号と右胸のスウッシュ(Nikeロゴ)は金色を採用した。

パンツは外側の縫い目を取り除き、摩擦を減らし、動きの自由度を高める。パンツは白でソックスは青となっている。

2018 ブラジル代表 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカはただいま予約販売中・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です