2018 日本代表 アウェイ ユニフォーム発売!

ロシアW杯開幕時期は迫って、今度ロシアW杯は日本代表6大会連続6度目の出場です。日本代表はW杯大会への準備はどうでしょうか。いい順位を取得することになりますように、心からお祈ります。次は、日本代表 ユニフォーム 2018アウェイを詳しく紹介します。

日本代表を応援ファン達はぜひ御覧ください~

今度ロシアW杯大会には、日本代表はグループHに分けられ、コロンビア、ポーランド、セネガルと競技する予定です。

日本代表 ユニフォーム ホーム濃いブルーに染める前のまっさらなホワイト生地からインプレッションを受けたデザインを採用された。日の丸のカラーであるホワイトトレッドを近代未来的なライトグレーで表現して、光輝くサッカー未来をイメージした。

肩のグラフィックは、日本初めて優勝した1992年の国際大会で着用したユニフォームのデザインを現代に再現します。

3つのバーは、それぞれ微妙に違いデザインと日本人極めての細やかさを表現し、メーカーロゴやチームエンブレムが胸に配置して、日本国旗もつけています。

首元の内側には、過去5回大会のユニフォームの象徴的なデザインを合わせたインプリンティングを配置し、過去20年を積み重ねてきたサッカー歴史や経験を銘記して、ロシアW杯への勝利を獲得が強く念願を表現しています。

ブラジル代表、ロシアW杯に向けた2018アウェイユニフォームを発表!

ナイキとCBF(ブラジルサッカー連盟)は21日、ブラジル代表がロシア・ワールドカップで着用する新ブラジル代表 ユニフォーム アウェイを発表した。

今日は、彼らの2018 ブラジル代表 ユニフォーム アウェイのデザイン詳細、発売などを簡単に紹介します。

ブラジル代表をお好きな方は是非ご覧ください~

本大会では、スイス、コスタリカ、セルビアというEグループを戦う。

アウェイはもちろん青基調。

目に引くのは、新たなアウェイ ユニフォームのフロントは”大きな星”のグラフィックをバランス良く入り。

星型のグラフィックというデザインはサッカーブラジル代表の2つの歴史を表現した。ブラジル代表は1958年スウェーデン・ワールドカップで史上初の青いサッカーユニフォームを着用されたし、1958スウェーデン大会以降、ブラジルが初優勝を記念する。

Nikeの最新技術を駆使したハイスペックなアイテム。デザインは2018年のNikeテンプレート「ヴェイパーニット」(Vaporknit)がベースになっている。

エンブレムの素材は以前の物よりも64%軽量となり、シャツは空気流量の増加により通気性が向上している。

胸・背番号と右胸のスウッシュ(Nikeロゴ)は金色を採用した。

パンツは外側の縫い目を取り除き、摩擦を減らし、動きの自由度を高める。パンツは白でソックスは青となっている。

2018 ブラジル代表 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカはただいま予約販売中・・・

クロアチア代表、ロシアW杯に向けた2018アウェイユニフォームを発表!

ナイキとHNS(クロアチアサッカー連盟)は21日、クロアチア代表がロシア・ワールドカップで着用する新サッカー ユニフォームを発表した。

今日は、彼らの2018 クロアチア代表 ユニフォーム アウェイのデザイン詳細、発売などを簡単に紹介します。

クロアチア代表をお好きな方は是非ご覧ください~

本大会では、アルゼンチン、アイスランド、ナイジェリアという厳しいDグループを戦う。

Croatia 2018 Nike Away

アウェイは、ホームと同じネイビーとダークネイビーのチェック柄となった。

22日発表されたクロアチア代表 ユニフォームは、2018シーズンのポルトガル代表ユニフォームと同様に、Nikeの最新技術を駆使したハイスペックなアイテム。デザインは2018年のNikeテンプレート「ヴェイパーニット」(Vaporknit)がベースになっている。

エンブレムの素材は以前の物よりも64%軽量となり、シャツは空気流量の増加により通気性が向上している。

クロアチア代表 ユニフォーム アウェイの胸・背番号と右胸のスウッシュ(Nikeロゴ)は赤色。

ナイキのサッカーウェア 高級デザインナーは「新たなクロアチア代表ユニフォームのチェック柄は、過去の2、3倍になる可能性がある」こう言った。

9か国の2018W杯新アウェイ ユニフォーム発表!(画像)

アディダスは20日、2018FIFAワールドカップ・ロシアに臨む9か国のアウェイユニフォームを発表した。

まずは彼らの写真を一緒に見ましょう。

日本代表

キーワード:ホワイト、ライトグレー、三つのバー、1992年の国際大会で着用したユニフォームのデザインを現代に再現。

ドイツ代表

キーワード:緑、1990年大会で準優勝で着用されたユニフォームからインスパイア。

アルゼンチン代表

キーワード:黒、青、白、幻の90年代初頭のユニフォームからインスパイア。新たな時代の幕開けを表現するため、ベースカラーに初めて黒を採用。90年代を象徴するショルダーストライプによりアルゼンチンの国旗カラーを象徴。

スペイン代表

キーワード:水色、プライドレッド、2012年ユニフォームからインスパイア。2012年アウェイユニフォームの水色をベースに、前面には80年代以降のadidas footballグラフィックをミックスしたアイコニックデザインを大胆にプリント。

スウェーデン代表

キーワード:青基調でボディにボーダーとチェック柄を備えたデザインとなっている。

ベルギー代表

キーワード:黄色、ボディには印象的な横縞が入る。背面の首元にはベルギー国旗色でアーガイル柄をプリント。

ロシア代表

キーワード:ロシアとその模相とストリートカルチャーにインスパイアされ、新鮮なグラフィックとファッショナブルなカラー採用。footballのみならず、ロシアの街や環境など様々なシーンの変化と進化を表すとともに、上下でロシア国旗のカラーを表現。

コロンビア代表

キーワード:青、コロンビアの農民が着用してきた衣装に触発されたデザイン。青基調で差し色にはオレンジを使用。左に備えたグラフィックが特徴的なモデルとなっている。

メキシコ代表

キーワード:白、1978年のユニフォームのデザインやカラーからインスパイア。右腕を胸の前で平行に掲げる特別な敬礼の姿をイメージしたストライプにより、国のプライドと愛国心を表現したデザインへと進化。

当サイトの主要の内容は、世界中の各国代表 国際試合で着用されるサッカー ユニフォームのデザイン詳細、最新ニュースなどを書いております。